足の指 水ぶくれ

Image Replacement

汗疱(かんぽう)という水泡

mizunn04.jpg

水虫とまちがえやすい水泡に汗疱(かんぽう)というアセモの症状があります。水泡があったら全てが水虫と決め付けるのは早とちりです。水虫に似た症状の水泡についても少し知識として吸収しておきましょう。

夏場に気温が上がると汗が原因で手の指や足の指が痒くなって小さなプツプツした水泡ができることがあります。この水泡は徐々に他の指にも広がり指全部に水泡ができてかゆくてたまらないといった症状になります。

これは汗疱(かんぽう)といい汗が原因になって起きる手や足のアセモの一種です。


このアセモは通年おこる症状ですが、とくに発汗の多い夏の季節に多く見られます。通常ではかゆみはありませんが、症状の程度や体質によって強いかゆみが発生することもあります。症状が軽度でかゆみを伴わなければ、細かい水泡は2週間ぐらいで薄い乾いたかわむけになって治ることが多いです。

また足に出来た場合は水虫とよく間違えられます。


そして小さい水泡がプツプツとできる水虫に小水疱型水虫という種類があります。水泡の中の液体は水虫ではありません。水疱の液体は人間の体液で、主成分はリンパ液です。ではこの水泡のどこに水虫が住みついているかというと、水泡の下層部でもある皮膚の奥深くに住んでいます。

もともと水虫はカビなので自力で移動することはありませんん。表皮のような簡単に皮膚が剥がれ落ちる場所を住みかとしてしまっては水虫も一緒に剥がれ落ちてしまいます。このため水虫は安全な皮膚の奥深くへと伸びていこうと侵食するのです。結果、水虫によって皮膚の奥深くの皮膚組織が溶かされてしまい、体液でもあるリンパ液が漏れ出してしまいます。リンパ液がもれても表皮は正常な皮膚組織の状態になっていますので、リンパ液が皮膚から外へ噴出することはなく、正常な表皮との間に水泡ができます。これが小水疱型水虫と水泡の関係です。

水泡は、水虫によって皮膚が浸食された結果におきる皮膚組織の損傷であり水泡が水虫菌なのではありません。小水疱型水虫の水虫を消滅させるには、浸透性が高く殺菌力の強い物質で処理しないことにはいっこうに水虫は消滅しません。きれいな皮膚を取り戻すためにも根気よく薬を塗って治療するのが一番とされてきました。しかし最近では短期間で水虫を根こそぎ消滅させた方法も成功例として紹介されています。すべての方に万能に効果があるというわけではありませんが、通院以外の方法として試してみる価値はありそうです。ただ見よう見マネでなんとなくは大変危険です。正しい使用方法を学んだうえで行なうことで最大の効果が発揮できると思います。

水虫ではない水泡

足裏にできた水泡

水疱とかゆみの水虫

足の裏の水ぶくれあれこれ

足の水ぶくれ かゆみの原因