足の指 水ぶくれ

Image Replacement

足裏にできた水泡

m12.jpg

足裏にできた水泡型の水ぶくれの水虫に悩まされている方は、皮がむける型の水虫と同じくらい多いとされています。水虫の名前の由来も、水泡の形が虫に似ていることから付けられたといいますから、水泡水虫は代表格の症状でもあるのです。

水泡水虫を専門用語でいうと小水疱型足白癬いいます。

水泡水虫のできる場所はおもに足裏の土踏まずあたりによくできますが、足指の間にもできることもあります。水泡の大きさは米つぶ程度のものになり、とにかくかゆみがともなう水虫です。

水泡型の水虫は、足裏にできるあせもにも似ていて区別がつかない場合もありますので、そのときは皮膚科などの専門医の診察を受けるとよいでしょう。また水泡ができるとつい潰して中の水を出したくなると思いますが、水泡を潰してしまうと、そこから雑菌類が侵入して炎症をおこしたり、感染症を誘発することもあるので注意が必要です。

水泡型の水虫を治すためには、まず足裏の硬い皮膚組織をやわらかくした状態をつくることが必要とさせています。これは足裏の角質層はぶ厚い皮膚組織のため、その下に住み着く水虫菌の層まで治療薬などが到達しないからだといいいます。わかりやすい例えとしてお風呂に長く浸かったあとは手足の皮膚が白くふやけます。このような状態をつくってから治療薬を湿布すると、水虫菌まで薬がしっかり到達するというのです。

これに似た方法としてお酢を使用したやり方もあります。水虫患部をお酢に浸けて柔らかくしたのち、お酢の殺菌効果を活用して水虫菌の活動を止めるというやり方です。この方法は昔から民間療法として使われていますが、最近では水虫薬や医師の推奨する治療法もありますので、これらの方法では効果がなかったときや、通常の治療と併用して行なう場合が多いそうです。

もしくは医師に相談するのがはずかしいという方の選択肢でもあります。

水虫ではない水泡

足裏にできた水泡

水疱とかゆみの水虫

足の裏の水ぶくれあれこれ

足の水ぶくれ かゆみの原因